スポンサーサイト

--/--/--(--)  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イギリス・Rye(ライ)その1:週末エスケープの旅

2010/02/19(Fri)  

旅行日:2010/2/13~14
目的地:Rye,East Sussex,U.K.

そもそも。
何十年ぶりの寒さ(らしい)が続いているイギリスで、それでなくても寒いこの季節に、さらにばっちり学期中でヒマなぞないはずなのに。
1週間前に思い立って、ライに1泊週末旅行に行くことにしてしまいました。

とはいうものの、週間天気予報では週末は雨または雪、という予報が続いていて、あまりに天気が悪かったら行けないよなぁ…と心配していたのです。

が、そこはイギリス。
前日の金曜日の予報では、天気は曇り!

それなら行ける、うん、きっと電車も大丈夫!

って事で、土曜日の朝8時20分の電車に乗って、ライに向かったのでした。


私の住んでいるレディングという町からライに行くには、まずロンドンに出て、別方面の国鉄に乗り換えます。
ロンドンからライは、St.Pancrus Intから Southeast Trainで Ashford Intまで行って、そこからSouthern Trainに乗り換えて3駅目のRyeで下車。
ライの駅からTown Centreまでは5分くらいです。
ロンドンからライまでは、1時間半くらい。思ったより早く着きます。


朝ごはんも食べずに出たので、St.Pancrusで買って、電車の中でいただきま~す☆
Breakfast
Paulのクロワッサン大好き♪

外はとってもいい天気!
View from the train

ライに近づくにつれて、数日前に降った雪が少し残っていました。でも空は青い!!


ライ駅に到着~
Rye station

イギリスの田舎の駅ではよくあることですが、ここでも改札なし、駅員さんもなし(チケットオフィスに1人いましたが)。
チケットは車掌さんが確認しに来ます。


さて。
さすがにヨーロッパを旅行するときは用意周到にしていきますが、イギリス国内のぶらりひとり旅の場合、わたしは事前にB&B予約しないほうです。
イギリスでは、観光地になっている町には(たいてい)どこでも観光案内所(Tourist Information)があって、そこで当日の部屋も取れるんです。

Tourist Infoがあることだけは確認して、今回もそののりで行ったのですが…


そういえばこの週末はバレンタイン。


いくら田舎町で若い人はわざわざ遊びに来るようなところではないとはいえ、のんびりした田舎町が好きなイギリス人は、けっこう泊りがけで来てるんですね!

いつものように「£30~40くらいで今日1泊したいんですけどー」といってみたならば。

「今週末は混んでるから、£85のシングルしか空いてないわね…」


なんですと!!


思いっきり予算オーバー。

Infoの人も、何箇所か電話かけて確認してくれたのですが、やっぱりそこしか空いておらず。


うーん、まぁのんびりしに来たんだし、とまれるだけマシかぁ。。。
と思って、そのホテル(もうすでにB&Bでもないし)をとってもらいました。

元はとってやる…と固く心に決めてホテルに向かいます。

こちらが今回泊まったホテル、The Mermaid Inn
The Mermaid Inn

1420年創業というもんのすごーく古い建物で、著名人も数多く訪れているとか。

もんのすごーく古い、ということは、建物もゆがんでたり床がぎしぎしいったりするということでもあります。
とてもイギリス。

部屋はシングルで、天井付きのベッド(!)でバスタブつき。テレビもあるし、アニメティーもあるし。
それからイギリスならでは、Tea&Coffeeセットも付いてます。

たいした荷物ではないけれど、とにかく荷物を置いて、身軽になってさっそく町に繰り出したのでした。


<ぽちっと一押しお願いします☆↓↓>
にほんブログ村 旅行ブログ ヨーロッパ旅行へ



旅行情報はこちらから↓↓

イギリス国鉄:National Rail
ライ観光情報:Visit Rye
The Mermaid Inn:The Mermaid Inn

| まにまにTRIPホーム |

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL:
http://manimanitrip.blog129.fc2.com/tb.php/2-dfc315eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザーのみ)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。